すそわきがのメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
すそわきがのメカニズム

すそわきがとは、ワキから独特のニオイがするわきがの事を言います。。医学的には、「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれています。人の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺がありますが、わきがは、アポクリン汗腺から出る汗が原因とされています。アポクリン汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い、皮膚にある常在菌により分解されることでニオイが発生するのです。

アポクリン汗腺は、ワキだけでなく陰部や乳輪などにもあり、わきがと同じようなニオイを放つことがあり、陰部からのニオイは「外陰部臭症」といって、通称「すそわきが」と呼ばれています。基本的にはわきがと同じで、外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗がニオイの原因です。

すそわきがは病気ではなく優性遺伝で起こることが多い体質的なものです。両親ともにわきがだと、子どもがわきがになる確率は75%以上、片方の親がわきがの場合でも50%以上の確率で遺伝するといわれています。それは、ニオイの原因であるアポクリン汗腺の数も遺伝するためで、親がわきがの場合、子どもも生まれたときからアポクリン汗腺の数が多い可能性が高いとされています。

アポクリン汗腺は、主にワキや陰部、乳首の周り、耳の中、へその周辺などにあって、わきが臭もさまざまなところから発生します。ワキならワキ、陰部なら陰部と、どれか一か所でわきがのニオイが強くなることもありますが、合併して起こることも多いです。そのため、ワキの腋臭症で悩んでいる人は、すそわきがも併発していることが多いです。

性別での特徴としては、男性よりも女性に多く見られる傾向にあります。これはすそわきがだけでなく、わきが体質全般に言えることです。女性の場合、特に生理中にわきが臭が強くなることがあります。

すそわきが対策ランキングTOPへ