すそわきが対策にオススメの商品ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

すそわきが対策に最もオススメの商品はこれだ

「デリケートゾーンからイヤな臭いが・・・。もしかしてすそわきが?」

人に相談し辛い場所だけに、悩みが根深くなってしまいがちなすそわきが。このサイトでは、そんなすそわきがの原因や対策方法を紹介していきます。

まずは、すそわきがオススメの商品をランキング形式でまとめましたので、ぜひご参考にしてみてください。

すそわきがの原因

すそわきがの原因すそわきがの原因はいったいなんなのでしょうか。

それはアポクリン汗腺が原因とされています。
ですが、あまり聞き慣れない言葉なので分からない方も多いので説明させていただきます。

すそわきがの原因 アポクリン汗腺とは?

アポクリン汗腺とはわきや陰部、耳、肛門、乳輪などに存在する汗腺です。汗にはアンモニア・鉄分・糖分・脂質・タンパク質などが含まれています。その成分を養分に細菌が発生し、成分が分解される際に、独特な臭いが発生します。

アポクリン汗腺の数や大きさが人によりそれぞれ違います。
数が多く、汗腺が大きく広い人は臭いが強くなり、その逆は臭いがあまり強くないでしょう。

すそわきがが発生するタイミングは?

そもそも、すそわきがが強く臭いを発生させる時とはどんな時なのでしょうか。
すそわきがは体温の上昇や、ホルモンバランスが変化したり、体調の変化などに伴い、臭いの強さが変わってきます。
他にも性交渉後は興奮により、すそわきがの原因であるアポクリン汗腺の働きが活発化され、生殖器から分泌物が多く出ているために、すそわきがの臭いが強くなります。

すそわきがは自分では気付きずらい

すそわきがは自分では気付きずらいすそわきがは自分では気付きずらいものです。

そもそも、アポクリン汗腺からでる臭いとはフェロモンなのです。
それが自分の体臭だとずっと思って生きてきた人には、嫌な臭いだと感じない人がいるからです。
ですが、その臭いが他の人と違うと知った時、きっと悩んでしまうと思います。

でも大丈夫です。
ちゃんと対策方法はありますので、原因を理解した上でしっかり対処していきましょう。

自宅でできるすそわきがの対策方法

自宅で出来る対策方法としては大きく3つあります。
それは食事・衛生・洗浄です。

まず食事から紹介していきます。

1.すそわきが対策にオススメの食事

すそわきが対策にオススメな食事1:動物性脂肪を控える

動物性脂肪を控える食事によりまず汗の性質を変える必要があります。
ですので、動物性脂肪を摂り過ぎないようにしましょう。
動物性脂肪を摂り過ぎると、脂質の分泌量が増え、すそわきがの臭いを強くさせる原因になるからです。

すそわきが対策にオススメな食事2:緑黄色野菜やフルーツを摂る

緑黄色野菜やフルーツを摂る他には抗酸化作用のある食材を選び食べるようにしましょう。
ベータカロチン、ビタミンC、ポリフェノールなどを含む緑黄色野菜やフルーツが良いです。
抗酸化作用が何故大切かというと、は脂肪分を摂り過ぎると脂肪酸が分泌され、脂肪酸が酸化される事ですそわきがの臭いが強くなります。野菜などはそれを抑える働きをしてくれます。

これもすそわきが対策にオススメ:アルコールやタバコを控える

アルコールやタバコを控えるすそわきがの臭いが強い方はタバコの喫煙者やアルコール類を飲酒される方が多く、これらが臭いを強める原因ともされています。
なのですそわきがが気になる方はお酒とタバコは控えるようにしましょう。

2.デリケートゾーンを清潔に保つ

デリケートゾーンを清潔に保つ不衛生だとアポクリン汗腺から出た汗により、細菌が活性化して嫌な臭いを発生させてしまします。
なのでデリケートゾーンを常に清潔に保っておく必要があります。
対策としてはお手洗いに行った時には、トイレットペーパーで拭き取るだけでなく、ビデを必ず使用しデリケートゾーンを綺麗に洗い流してから拭くようにしましょう。

そして細菌が増えないようにする必要もありますので、殺菌が出来るよう消毒用エタノールが含まれたウェットティッシュ等で、デリケートゾーンをお手入れしましょう。

デリケートゾーンを正しく洗浄する

デリケートゾーンを正しく洗浄するデリケートゾーンを洗浄し清潔に保つ事はすそわきがの臭いの対策になります。
朝と晩にシャワーで綺麗にしたり、すそわきがの臭いが気になる部分をしっかり洗浄します。
その時に普通のボディソープとかではなく、すそわきが対策の石鹸などを使用して洗うと効果的です。

3.専門クリニックですそわきが対策

専門クリニックですそわきがを治すクリニックの治療には4種類があります。

その治療方法はそのクリニックの医師と相談しながら、方法を決めていきましょう。

ビューホット治療ですそわき対策

これは最新の技術の治療法で、どういった治療法かというと、細い針から高周波がすそわきがの原因であるアポクリン汗腺を破壊し、汗を止める方法です。
この治療法は今までの治療では、切開の後に傷痕や再発していますなどのデメリットが改善された最新の治療です。
ビューホットは全身可能なので、デリケートゾーンや耳・乳輪・肛門などの部位にも治療が可能で、治療も1回で済むメリットがあります。

電気凝固法ですそわきが対策

陰毛の毛根に沿って針をさしていき、針に電気を流して、すそわきがの原因であるアポクリン腺を破壊させる方法です。

治療は数回に通院する必要があり、だいたい1〜2か月に1回の治療を受けなくてはいけません。
複数回の治療を行う事でかなりの効果が現れ、特にすそわきが対策には、かなりの効果があります。
電気凝固法のメリットは、治療の効果が半永久的な所です。

ボトックス治療ですそわき対策

すそわきがで気になっている所に薬剤を注射して、汗を止めることで臭いの発生を防ぎます。
この治療のメリットは1回の治療で効果がはっきりと現れる点です。
そしてこの治療をするにあたって医師から勧められるのが、デリケートゾーンのVライン・Iラインの脱毛です。
そうすることで効果がより強く現れるからです。

ですが、この治療には1つデメリットがあり、効果が6か月ほどしかなく、6か月に1度ボトックス治療を受ける必要があります。

切開手術ですそわきが対策をする

この方法はアポクリン汗腺を切除することで、治療する方法なのですが、1回の手術では完全に治すことが出来ません。
そして切開の傷痕も残ってしまいます。

間違ったすそわきがの対策方法

間違ったすそわきがの対策方法すそわきがの対策として自分なりに色々試されている方も多いかもしれませんが、間違った方法をされている方もおり、その事例をご紹介します。

強い殺菌作用のある軟膏などを塗る

強い殺菌作用のある軟膏などを塗る殺菌はしなくてはいけませんが、強い殺菌作用のある軟膏などを塗るのは絶対やめましょう。
アルコールなので軽く殺菌する程度なら良いのですが、軟膏などはかなり殺菌作用が強く殺さなくてよい菌まで殺菌してしまうため、すそわきがの臭いがより強くなってしまうからです。

強い殺菌作用が良くない理由

どうして臭いが強くなってしまうかというと、デリケートゾーンである膣の中は通常、嫌気性菌という細菌が棲みついて、細菌の進入を防いでいるのです。
抗生物質の軟膏を絶えず塗っていると、そのような有益な細菌までも殺してしまい、より強い細菌が住み込んでしまい、そのような細菌がより強い臭いを発生させるからです。

そもそも軟膏の効果があるのは、摩擦やムレによっておこるかぶれからくる痒みです。
殺菌作用があるからといって、効果的ではありません。
なので軟膏ではなく、アルコールで綺麗に拭くなどして清潔に保つ事が大切です。
他にもすそわきが対策のクリームなどもあり、制汗作用もあるので臭いが気になる所に塗っておくだけで、かなりの臭いの差があるでしょう。

毛を全部剃ってしまう

毛を全部剃ってしまうクリームを塗るためにデリケートゾーンの毛を全部剃る方もいますが、特に全部剃る必要性は全くなく、Vラインや㈵ラインを整える程度の脱毛でも十分ですので、無理な脱毛はする必要はありません。

ゴシゴシと強くこすって洗う

ゴシゴシと強くこすって洗うすそわきがの人は臭いを気するあまりに、臭いが気になる所を強く擦って洗う方をいらっしゃいますが、その方法は間違っています。
乳輪やわきなら、肌が傷つくくらいで済むかも知れませんが、デリケートゾーンや肛門は絶対に強く擦ってはいけません。
それはデリケートゾーンと肛門はすごくデリケートな部分なので、傷つけてしまうと、すそわきが以外の悩みが増えてしまう可能性があるからです。

デリケートゾーンを傷つけてしまうと、膣内の炎症になってしまったり、デリケートゾーンを強く擦ると黒ずみの原因にもなります。
最悪の場合、炎症が骨盤内にまで拡がると、骨盤内はうっ血状態となり、おりものの更なる増加に加え、腰痛や下腹部痛などの症状もでてしまいます。
こういった症状が出てしまった場合は、すぐに病院にいって医師に相談しましょう。

肛門を強く擦って洗ってしまうと、粘膜を傷つけてしまうと乾燥による痒みが発生します。
ですが、逆にしっかり洗えていないと、臭いの原因にもなりますので、優しく洗う必要があります。

膣内を洗ってしまう

膣内を洗ってしまう膣の中までボディーソープなどで洗うのも間違っています。
ボディーソープでは刺激が強く本来はデリケートゾーンや肛門などのデリケートゾーンの洗浄には向きません。
刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸を使用する事を勧めます。
それでも近くにそういった石鹸が売ってない方は、ボディーソープを1度泡立ててから、なでるように洗うようにし、シャワーでしっかり洗い流しましょう。

こういった小さな事でも、臭いに差がありますので、今まで間違った洗い方をされていた方は、正しい洗い方で清潔を保ちましょう。

まとめ

 

すそわきがについて正しい知識を身につけましょう

すそわきがはかなりの数の方が悩まされています。
臭いが嫌で異性とお付き合いすることが出来ない、臭いがかなり強い方に至っては人とすれ違うだけで、自分が臭いと思われているのではないかと不安になり、最悪の場合は対人恐怖症なる方もいるほどです。

ですが悩まされている方も実際は多くの方が、原因をちゃんと分かっていません。
それは臭いについて相談するのが恥ずかしく、誰にも打ち明けられず自分1人で抱え込んでしまうからです。

1人で悩み込まずに専門家に相談しましょう

1人で悩み込まずに専門家に相談しましょうですがそれは大きな間違えで、しっかりと原因を理解し、その上で対策をしっかり行っていけば、この悩みは軽減されます。
対策を行ってそれでも臭いが気になるなら1度クリニックへの相談をしてみても良いかもしれません。
そうする事で、自分に合った治療法が見つかり、ずっと悩んでいた臭いの悩みがなくなるからです。
そうすれば人と話す事も、異性の人とのお付き合いする事も不安がなくなるでしょう。

インターネットなどで間違った治療法などをあてにはせず、悩んでいるなら、まずクリニックに行く事をお勧めします。
ですがクリニックで治療する場合、ある程度まとまったお金が必要になります。
ビューホットで30万円、電気凝固法で5万円、ボトックスで6万円くらいであります。
クリニックによって値段は変わりますが、この金額が平均になります。
まとまったお金がない方は、対策の石鹸やクリームなどを使って、自己ケアを行っていきましょう。

すそわきがはしっかりと対策や治療をすれば、治ります。
1人で抱え込まないでください。

みんなのすそわきが体験談・口コミ

私すそわきがなのに彼氏が・・・【20代 OL】

私の場合、脇の下も軽度のわきがだったので、下の方も脇と同じにおいがしていました。なので、彼氏とエッチするときなどは、脇と陰毛部分は特に念入りに洗って事なきを得ていたんです。ところが、社会人になってからお付き合いした男性と、デートの流れでシャワーも無しに突然エッチする流れなってしまいました。
「どうかアソコに顔を近づけないで〜」と心の中で叫んでいたのですが、そんな願いも空しく彼は私のデリケートゾーンに顔を近づけ、口を使って愛撫しだしました。拒否するのも失礼と思いされるがままにしていたのですが、デリケートゾーンの愛撫が終わったあとに今度はキスをしてきたんです。
そのとき、彼の口のまわりが強烈にワキガ臭くて、自分の体臭とはいえ思わず「うえっ」となりました。彼は私をとても愛してくれていたのですが、さすがにあの強烈なにおいの繁みに顔をうずめていたら100年の恋も覚めると思うのですが・・・。
その後、2年ほどお付き合いして彼とはお別れしましたが、一度も匂いに対して彼からの突っ込みはありませんでした。本心では彼がどう感じていたのか、今更ですが気になります。

気になるすそわきがの匂い【20代 OL】

女性ならデリケートゾーンの匂いが気になる時ってありますよね。
私も生理の時やおりものの量が多い時は、特に匂いにも敏感になってしまいます。
人混みの中や電車の中、映画館等で知らない人と隣り合わせに座る時等は、
自分のデリケートゾーンの匂いがとても気になり、思わず席を立ってしまう事もあります。
脇の匂いの代表にわきががありますが、デリケートゾーンもわきがと同じ様な匂いがする、すそわきがと言うものがあります。
ちょっと聞きなれない言葉ですが、酸っぱい匂いとか、チーズの腐った匂いとか、
納豆の様な匂いとよく言われているんですよ。

結構私も思い当たる事があったりして、思わず匂いの対処方法を調べてみました。
デリケートゾーンを清潔にする事は勿論ですが、ナプキンやおりものシートをこまめに交換し、
蒸れにくくする事で匂いもいくらか軽減されるようですよ。

夏場は特に、汗と混じり合って悪臭になってしまうので下着を交換したり、
汗をウェットティッシュ等で拭き取る様にする事も大切ですね。
すそわきがを改善し、ストレスのない過ごしやすい日々を送りたいものです。

デリケートゾーン専用石鹸と汗を吸いやすい素材の下着着用ですそわきがを防ぎました【20代 OL】

わきが持ちではないので、自分の体臭はそんなに濃くない方だと思っていました。
でもトイレで下着を下した時、しゃがんだ時等のふとした瞬間に、自分のデリケートゾーンからネギのような臭いがする事に気づいたんです。

デリケートゾーンが臭う事をすそわきがと呼ぶのだと知ったのはそれからしばらく後で、このままじゃ彼氏に嫌われると思って必死に対策しました。

効果があったのはデリケートゾーン用の石鹸で毎日綺麗に洗う、下着を新しい物に買い替える、汗を吸いやすい素材の下着を身に着ける事です。
今まで普通のボディーシャンプーを使っていましたが、ちゃんと殺菌・消臭作用のある専用石鹸を使いだしました。
下着も古い物をずっと穿いていると不清潔なので、汗を吸いやすい素材の物に買い替えました。
するとあの嫌な臭いがしなくなったので、今は凄くホッとしています。

出産後にすそわきががわかり恥ずかしかったです。【30代 OL】

私はわきがですがすそわきがは子供を産んだ時に知りました。出産後は産褥ショーツにお産パッドを付けてはきます。起き上がれないので回診の時に看護師さんがパッドを交換してくれるのです。長女を出産したのは暑い最中でエアコンが効いている病室でしたが布団を掛けて寝てると暑い感じがしました。回診の時に看護師さんが産褥ショーツの股のマジックテープを外しパットを交換する時に「うっ」と顔をそむけました。「どうしたのかな?」と思ったのですが歩ける様になり自分でトイレに行った時にわかりました。出産からの汗とお風呂に入っていないのでデリケートゾーンから凄い臭いがしました。「これだったんだ」と思いました。慌ててタオルで汗を拭きとりました。それから回診のたびに看護師さんの顔色を窺ってしまいました。恥ずかしくて申し訳なくて、今でも忘れられない記憶です。

中学生の頃からの悩み【20代 学生】

私がすそわきがに気がついたのは中学生の時でした。体育などでしゃがんだりする時に、なんか匂いがするなぁと思ったのが最初です。中学生だと思春期ですし、色々と気になる年頃。椅子を立ったり座ったりするときに後ろの人に自分の匂いがしていないか、不快な思いをさせていないかなど不安でした。念入りに洗うようにしましたが、やはり匂いが気になる。そこでパンティーライナーを使うようになりました。生理のナプキンのようにかぶれないので、ほぼ毎日つけていました。つけたことのよって外出先で匂いが気にならなくなりましたし、下着も汚れないので良かったと思います。

夏場は汗とともに更にニオイが気になります。【30代 主婦】

私自身、自分がすそわきがだと気がついたのは今から5年程前の事です。当時、お腹の手術をしてその圧迫に長期間、医療ガードルを着用してからすそわきがになりました。

医療ガードルというのはクロッチ部分に穴が開いていて、ガードルを穿いた上からショーツを穿く、つまりはショーツを下げればガードルを着用したままおトイレができるというものです。約1ヵ月間ガードルを穿きっ放しの状態でデリケートゾーン周りはかなり汗などでムレて、やっとガードルを外せる頃には生まれて初めて感じる不快な匂いにかなりショックを感じました。そしてもう、一度すそわきがになったらきちんとケアをしていかないと完治はしないという事も分かりました。

私の場合はすそわきがだけでなく、お尻周りの匂いもとても気になるほどで、デリケートゾーン専用の石鹸でとにかくこまめに洗う事でしか今のところは対策ができていません。

あとはなるべく通気性のよい綿100%のショーツを着用する事、1日に2〜3枚ショーツを取り換える事などで出来る限りの対策をしています。